本文へ
東京都瑞穂町役場ロゴ
ホーム > 情報公開制度と個人情報保護制度の運用状況

情報公開制度と個人情報保護制度の運用状況


情報公開請求、自己情報開示請求のご案内

情報公開制度

情報公開制度とは

町等(町長、教育委員会、選挙管理委員会、議会など)が保有している情報を町民の皆さまからの請求により公開する制度です。
この制度を実施することで、町政がより一層開かれたものとなり、公正な町政の運営が図られることを目指しています。

ただし、法令で公開することができないと規定されている情報や個人のプライバシーに関する情報など、公開できないものもあります。

平成27年度情報公開制度の運用状況

(単位:件)
実施機関 請求
件数
決定内容 取下げ 不服
申立て
全部
公開
一部
公開
非公開
(うち文書不存在)
町長 6 2 1 1(1) 2 0
教育委員会 1 1 0 0 0 0
選挙管理委員会 0 0 0 0 0 0
監査委員 0 0 0 0 0 0
農業委員会 0 0 0 0 0 0
固定資産評価審査委員会 0 0 0 0 0 0
議会 0 0 0 0 0 0
7 3 1 1(1) 2 0

個人情報保護制度

個人情報保護制度とは

町では、日常の業務でたくさんの個人に関する情報を扱い、住民サービスの向上に努めています。

しかし、その取り扱いに適正を欠いた場合は、皆さんのプライバシーが侵害されることになるため、個人情報の取り扱い方法を定めたものです。
この制度により、町では皆さんの大切な個人情報を厳重に管理し、保護に努めています。

個人情報取扱事務とは

個人情報を扱う事務の目的や内容について町長に届出を行い、公示することが義務付けられています(取扱事務届出)。
また、届出のあった個人情報は原則として届け出た目的以外に利用したり(目的外利用)、町以外に提供(外部提供)することは禁止していますが、例外として本人の同意が得られている場合や、人の生命や財産を守るため緊急かつやむを得ない場合などについては目的外利用や外部提供が認められています。

自己情報の開示請求とは

町が保管する個人情報は、本人に限り自己情報の開示を請求することができます。
平成27年度の自己情報開示請求は、2件でした。

自己情報の訂正等とは

町が保有する個人情報について、自己情報の記載に誤りがあるときには訂正の請求、自己情報が収集の制限を超えて収集されているときには削除の請求、自己情報が個人情報取扱事務の目的の範囲を超えて利用され、または提供されている場合には目的外利用の中止請求をすることができます。

平成27年度の訂正、削除、目的外利用の中止請求はありませんでした。

平成27年度個人情報取扱事務届出状況

(単位:件)
実施機関 取扱事務届出 目的外利用届出 外部提供届出
町長 341(2) 98(1) 107(1)
教育委員会 51(2) 7 6(1)
選挙管理委員会 8 4 4
監査委員

1

0 0
農業委員会 1 2 0
固定資産評価審査委員会 1 0 0
議会 5 1 0
408(4) 112(1) 117(2)

※取扱事務の各届出は、平成15年の制度施行時からの延べ件数です。( )内が平成27年度に届出があった件数です。

関連リンク

国が設置する情報公開・個人情報保護制度に関する案内所については、こちらをご覧ください。

問合せ

総務課 電話042-557-7495

 

瑞穂町役場 〒190-1292 東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎2335
問合せ : 電話:042-557-0501 (代表)